「ホームページ」と「ランディングページ」どちらが集客できるのか?

「「ホームページ」と「ランディングページ」どちらが集客できるのか?」のアイキャッチ画像
 
こんにちは、ナオキです(@naokimiura_official
 
 
 
 
今日はですね、
僕のコンサルのクライアントからもよく受ける質問なんですが・・・
 
「HPとLP どっちが集客できるのか?」
という、お話しをしていきたいと思います。
 
 
この質問は、パーソナルジムを経営している人からの相談が多いですね。
 
その理由は、多分、よく大手のパーソナルジムなんかが
ランディングページを活用してるからだと思います。
 
 
 
ひょっとしたらランディングページを知らない、という人もいるかもしれないので、
ランディングページってなんなのか?
というお話から簡単にさせてもらいますね。
 
ホームページもランディングページもweb上に構築する
集客媒体なので、一見同じような感じで捉えられますけど、
 
 
凄くシンプルにその違いを説明すると、
複数のページで構成されているものがHP。
1ページだけで構成されているのがLPです。
 
 
 
 
よくYahooニュースとかをみてると、
ダイエットサプリとか、美容関係の商材、
最近だと、バストアップクリームとかナイトブラなんかの広告が
Yahooのニュース記事に紛れてるじゃないですか?
(PR広告)って表示されている記事です。
 
 
あれをクリックすると、ほぼほぼLPに飛びます。
 
 
ライザップとかのPPC広告もそうですね。
高額な商品を扱っているお店の広告は、
だいたいHPじゃなくて、LPに飛びます。
 
1ページに、長〜く、商品説明とかお客様の声、Before&Afterなんかが記載されていて、
最後の方に、お申し込みはこちら!
みたいなボタンがついてるページです。
 
あれがLPですね。
 
 
 
 
ちなみに、あのLPの構成は基本的にはどれも全部同じで、
「QUESTフォーミュラ」というフォーマットで作られています。
 
 
元はアメリカ発祥のマーケティングテクニックなのかな?
英語圏では一番反応が取れて、売上が上がるセールスレターのパターンを
web媒体用に落とし込んだものになります。
 
 
日本でも、通販番組とかネットショッピングなんかは
ほとんど、この「QUESTフォーミュラ」に沿って
商品説明から購買までの流れが構成されていますね。
 
 
まあ、人間の購買意欲を掻き立てるようなパーツを順番に組み合わせて、
思わず買ってしまう心理に導く、
 
いわば、行動心理学をうまく使ったマーケティングテクニックです。
 
 
 
 
こういうマーケティングテクニックを駆使してるのがLPというやつです。
 
HPは、みなさんご存知のHPですね。
 
で、今回はこのHPとLPって
店舗集客という観点からすると、どちらの方が集客できるのか?
 
というお話をしていきたいと思います。
 
 
HPとLPどっちを作るべきか?
HPは持ってるけど、売上を上げるために
LPも導入しようか考えている!
 
という人は、是非、最後までご視聴下さい。