「お客さんの心を掴む!」集客に使える心理テクニック13選

心理学
 
今回は、
ちょっといつもと視点を変えて
「心理学」のお話をしたいと思います。
 
単純に心理学といっても、
ビジネスの場で活用できる心理テクニックですね。
 
例えば、人気のあるトレーナーやインストラクター、セラピストさんなんかは、
 
「お客さんの心を掴むのが上手い!」
 
なんて言われることがありますが、
この「お客さんの心を掴む!」というのは凄く重要です。
 
 
お客さんの心を掴むことができるようになると、
接客やコミュニケーションの場面はもちろんのこと、
 
新規集客・リピート集客・客単価UPなど
売上を上げることもできちゃったりします。
 
 
だって、
お客さんがどういう心理になった時に
購買意欲が湧くのか?
お金を払うのか?
心のカラクリが理解できたら、
こんなに楽なことはないですよね?
 
 
 
このテクニックを
「社会心理学」とか
「心理マーケティング」
っていうんですけど、
 
これを知っていると
店舗経営や、マネジメント、
集客の場面なんかで、非常に役に立ちます。
 
実は、僕もこの「心理テクニック」は、
結構活用していたりします。
 
 
 
で、社会心理学に基づいた、
マーケティングテクニックというのは
たくさんあるんですけど・・・
 
その中でも今回は、
今日からでも、誰でも使える、集客や売上UPに繋げられる、
 
簡単な13個の心理テクニックを紹介してみたいと思います。
 
 
ビジネスの場において、
 
「どんな時にお客さんの心を動かすことができるのか?」
「どうすれば、お客さんの心を掴むことができるのか?」
 
知りたい方、自分のビジネスの集客や売上UPに役立てたいという方は、
 
是非、最後までご視聴下さい。
 
 
 
 
<続きは動画で↓>
 
 
 
 
 

ABOUT US

母をパーキンソン病で亡くしたことをきっかけに、人の健康や身体に携わる仕事をしたいと決意。一度きりの人生だから、”やりたいことを仕事にする”と一念発起してスポーツトレーナーに。 全くの業界未経験の素人からのスタート、お金・人脈・コネなしの状態から起業6ヶ月で月商100万円、1年目で年収1000万円を達成して予約が2ヶ月待ちになる店舗経営の実績を持つ。また、店舗を持たないフリーランス事業での単体月商も80万円を超えるなど、業種業態に囚われず、ビジネスの才能を発揮する。 肩書きに囚われることなく、幅広い業種業態で「個人力」を磨き、スポーツブランドやヘルス機器メーカーのアンバサダー、TVや雑誌など様々なメディアにも多数出演。 モットーは、「やりたい事を仕事にして稼ぐ!」 “やりたい事を仕事にして稼ぐ”行動力と実現力は業界屈指。